シッカリと波待ちをするにはトップの位置を把握する

シッカリと波待ちをするにはトップの位置を把握する

シッカリと波待ちをするには、トップの位置をちゃんと念頭に置くことが必要です。
転ぶ可能性の原因が見当たらないような状況でも、とりあえずはそのリスクを検討した練習をしてください。
サーフィンにおいては絶対安全ということはないので、万が一のことも考えにおきます。
たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わり、リスクも小さなものとなっています。
ワイプアウトばかりしているとその失敗を少しでも取り返すために余計パーリングしてしまう人も多く見受けられるものです。
そうして、大失敗を生む可能性さえあるので、ボトムターンには余計な力を入れないことにしましょう。
これは必要以上のチカラでレールを入れておくと、気分的に余裕を感じてしまってノーズが刺さってパーリングする可能性があるからなのです。
サーフレッスンをしてみる前に、テーマを設定しておくというのも不可欠です。
その日に乗るライディング量を前もって設定しておき、それを超えるようなポジションは乗ってしまうことのないようにしてください。
こうしておくことで、大会で勝つことができても乗る本数は減りますが、ワイプアウも出にくくなります。