サーフィンの練習を開始する前にテーマを設定しておく

サーフィンの練習を開始する前にテーマを設定しておく

サーフィンの練習を開始する前に、テーマを設定しておくというのも肝要です。
ライディングの量をあらかじめ決めておき、それより上のライディングは乗ってしまうことのないようにしてください。
こんなふうにすることで、大会で勝った場合でも乗る本数は減りますが、ワイプアウも出にくくなります。
サーフィンで調子が悪くなり、転ぶことが増えると、その失敗を取り返すためにどんどんおワイプアウトしてしまうという人も大勢いるものです。
そうなれば、大きな怪我になる可能性があるので、パドリングには余計な力を入れすぎないようにしましょう。
これは、必要以上に力んでしまうと、まだ余裕があるなと、感じてしまってレールが引っかかって転ぶ可能性もあるからなのです。
波乗りを始めたばかりの人は知識も経験も少ないので、失敗すことが多いです。
ロング初心者の苦手意識を出さないためには、いつ波乗りするかを決めることが重要です。
また、同じテクニックに執着せず、試合での勝ち負けを考慮するようにしましょう。
数回テイクオフが成功しても、1回大きく転ぶことで大きい波が苦手人なることもあります。