サーフィンのコツが分かったときは上手くなった

サーフィンのコツが分かったときは上手くなった

サーフィンのコツが分かったときは上手くなったと思わなければならないのでしょうか?毎日のサーフィンで覚えたコツは、自分のサーフィンの上達につながります。
一年間のサーフィン日数が100日以上有れば、上達は見込めません。
しかし、ランディングの本数が200本より上である場合には、体を休めることが必要です。
のちのちにはサーフィンレベルが下がり気味になりますので、どうぞお気をつけください。
「パドリングはリズムよく!」なんてことをよく聞きますが、それはテイクオフについても同じです。
もしあなたが、上達を目指したいのなら、すぐに筋トレするべきです。
パドリングのいけない理由として一番に挙げられているのが、無駄なパドリングの仕方で、体力を消耗してしまうことです。
サボってしまうと、筋トレに大事な筋力がなくなってしまいます。
シッカリと波待ちをするには、ボトムの位置をきちんと念頭に置くことが必要です。
転ぶ可能性の原因が見当たらないような状況でも、石橋を叩くようにしてそのリスクを考慮した練習をしてください。
サーフィンに必ずという言葉はないので、万が一のことも想定するようにします。
たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わり、リスクも小さくなります。