サーフィンでテクオフが出来ない!膝立ちになってしまう方への解決方法!

サーフィンでテイクオフ時に膝立ちになってしまう理由とは?

石窯の作り方基礎DIY

大海原で優雅に波に乗る!

 

自然の起こした””を自由に操り、充実したサーフィンライフを送る。

 

そんな気持ちと裏腹に、なかなかテイクオフが出来ない

 

  • やっと波に乗れるようになったがテイクオフで立ち上がれない。
  • どうしても正座してしまう。
  • テイクオフ時に後ろ足が膝立ちになってしまう。

 

なんて悩み有りませんか?

 

その理由は恐らく”正面”を向いてテイクオフしているのが原因だと思われます。 

 

そしてもうひとつの理由は”膝”が引き付けられていない。 

 

腹筋を使って、膝を胸に引き付ける動作をトレーニングしましょう!

 

サーフィンは”横乗り”のスポーツです。

 

サーフィンテイクオフ出来ない

 

テイクオフ時に正面を向いては立てません。

 

そしてスポーツである以上、ある一定の体力は必要です。

 

ですが、サーフィンはそれほど難しく考える必要はありませんよ。

 

テイクオフのコツを掴めば簡単に初心者を脱出出来るのです。

 

私も去年始めて、今年は横に走れるようになりました。

 

本当にちょっとしたコツなんです。

 

なんとこの詳細ページにある動画を見るだけでもテイクオフのヒントが隠されています。

 

テイクオフに悩む方は詳細ページ中の紹介動画だけでも目をとおしておいてくださいね。

 

とにかくサーフィンは”コツ”ですよ。

 

 

 

 

 


テイクオフ恐怖症の方

テイクオフを苦手とする方は多いですね。

 

テイクオフでパーリングを繰り返すと、どうしても苦手になってしまいます。

 

ではどうしたらテイクオフでパーリングを避けることができるのか?

 

まずは前のめりでのテイクオフを改善しましょう。

 

早く波に乗ればパーリングしないというのは間違いです。

 

初心者の方が早くテイクオフというのははっきり言って厳しいです。

 

パドリングや波のパワーを使う練習をまずはしておいてください。

 

テイクオフをするには必要なテクニックがあります。

 

むやみに波に乗って、急にテイクオフを行うとパーリングの原因になりますので、まずはパドリングがしっかりと出来るように頑張ってください。

 

パドリングがしっかりと出来るようになったら、波に乗るときに加速がつくので、簡単に早く波に乗れます。

 

ただし波に早く乗りたいからといって、前のめりになってしまうとまたパーリングしてしまいますよ。

 

板はどんな状況でも水平を保ってください。

 

水平を保っていればどんなに遅れてもパーリングはしません。

 

パーリング癖がある方は、必ずテールが持ち上がってしまっています。

 

これもしっかりとパドリングで板を押さえることが出来ないと厳しいので、まずはパドリングを頑張りましょう!

オススメリンク

サーファーに最適な仕事

 

BLIS-M18
子供の虫歯を防ぐ歯磨き粉!虫歯の無い歯に!

 

車売りたい

 

スポンサーリンク